年齢とともにますます増える髪の悩み

もともと私の髪の毛の質は若い頃から量も少なく、コシがなく、湿度が高いとうねったり、ボリュームも無く、パーマもかかりにくかったり…と悩みはつきものでした。

ノアルフレシャンプー

これが年齢を重ねるに連れ、パサつき、薄くなってきた…など、ますます悩みが増えてきました。

とにかく、どうにもこうにもヘアースタイルが決まらない!少しおしゃれな格好をするお出かけでも、どんなに洋服を気合いいれても、髪型がみすぼらしいと、バランスが取れなくて変に洋服だけが浮いて見えてしまうし…。

ヘアスタイリング剤も色々使ってみましたが、ベタついて不潔に見えたり、固まってしまったり、となかなか良い物に巡り会えず。

まだ今のところ白髪はそこまで多くないのですが、これで白髪が増えたらどうしよう…と今から憂鬱です。

ちまたでは、グレイヘア、などと言って、あえて白髪染めしない人も増えているようですが、そこまでの勇気は私にはなかなか持てなさそう…。

同じような年齢の人でも、バッチリ髪型が決まっている人を見ると、それだけでハツラツとして見えて、とてもうらやましいです。髪型も大切なファッションのうちの一つなんだなあ、と実感。改めて、自分の髪質を恨めしく思うこの頃です。

毛穴ケアはなかなか大変

肌のいろいろな問題点というのは確かに人によって違うのですが、多くの人が悩むのがなんといっても毛穴です。毛穴トラブルというのは実に大きなことになりがちです。それこそ毛穴は顔だけでも約20万個はあるので、それぞれのキャラには特徴があったりしてそれに合わせたケアなどが必要になってくるということになります。

評判通り?シルクリスタを購入して使ってみた効果と私の口コミ体験談!

毛穴がしっかりとしていれば肌が非常にツルツル見えるようになるのですが、毛穴が詰まっている状態ですとそれこそ見た目が非常に悪くなるということは間違いないので注意しておきましょう。少しでもしっかりとした状態にしたいというのであればスキンケアを頑張らなければならないということにはなるのですが、そのときに注意したいのはそのスキンケアの液体が一体何でできているのかということです。

大抵の場合は肌に良いということであろうとも自分に合うのか、というのはまた別問題です。毛穴をケアしてくれるものであろうともまずは自分に肌に合うのかどうか、ということがポイントになるのです。毛穴なんかはクレンジングで、ということが多くありますが、これも肌に負担がかかることではありますから、よくよく注意して利用するようにしましょう。

口臭の原因とその対策方法とは

マスクが必須の社会となってすでに一年以上が経過していますね。

普段お化粧しなくていいとか、顔が隠れているから安心できるとか、感染症対策以外にもさまざまな恩恵をもたらしてくれているマスクですが、みなさまも一度は感じたことのあるであろうマスク内の異臭。

あれ、自分の口臭かもと思うとぞっとしますよね。

昨日にんにく料理食べたっけ? もうすぐ生理? 胃腸が弱っているのかな?

なんて考えてしまうこともしばしば。

でも実際はあなたの口の中にその原因があります。

キラハクレンズ

一番の原因は歯周病です。

年齢とともに歯と歯の間の隙間がひろがり、そこにすみついた食べかすなどが原因で細菌に変わり、そこから発生するガスが口臭の原因を作っています。

また虫歯も原因の一つです。

虫歯が進行するとたんぱく質でできている神経を傷つけ、腐敗した匂いを放つのです。

舌が白い人も要注意です。

舌には凹凸があり、歯間同様に食べかすなどがこびりつき異臭を放っている可能性があります。

予防対策としては毎日の歯磨きはもちろんのこと、歯間ブラシなどを用いて歯の隙間の食べかす丁寧に取り除いてあげること。

また舌専用の歯ブラシと歯磨き粉もありますのでそれらを活用すること。

そしてなりより歯医者さんでの定期検診もおすすめです。

さぼれるところはさぼって、自分が快適に過ごせる生活が送れるよう応援しています!

ニキビとの向き合い方について

10代の頃からニキビに悩んでいて、大人になった今でもやっぱりニキビが出来ると気持ちが落ち込みます。

徹底レポート!ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトの最安値通販サイトや私の口コミなどご紹介!

皮膚科に行って出してもらった塗り薬も合う合わないがあり、2件の皮膚科に行って、自分なりに納得のいく薬を見つけました。それでもやっぱりなかなか治らない時もあり、潰すのは良くないと分かっているのですが、なかなか治らないニキビを見ると、早くなくなって欲しいと潰してしまうこともあります。

塗り薬を塗っても、ニキビが小さくなることがない時、鏡を見るたびにわたしは他の人と皮膚が違うのかもしれないと思うこともしばしばあります。本当はもしかしたら誰もそこまで気にしてないのかもしれないとも思うのですが、会話をする時も気になって、触ってしまったり、隠そうとしてしまったりします。そう考えるストレスのせいで、なかなか治らないのかもしれません。

メイクをする時も隠そうとして、塗りすぎてしまったり、悪循環かもしれないと思いながらも隠してしまいます。今はマスクの生活になり、より肌荒れしやすくなった気もするので、どうすればニキビが気にならなくなるか、もしくはニキビが出来なくなる体質にできるのか、経験者の方がいらっしゃれば教えていただきたいです。

ニキビ跡がシミに・・・

現在アラフィフの女性です透輝美

小学校5・6年生の頃からニキビに悩まされ、色々な市販薬を試しました。ある程度良くなると肌が薬に対して抗体ができたかのように再発し、また別の薬を試してみるという感じでした。

高校に入ったころ、皮膚科に通い始めましたが、一向に治りませんでした。20歳過ぎると高い化粧品を勧められ、これなら治ると使い続けたこともありましたが、やはり治らず、気がついたらニキビ跡のクレーターができ始めていました。30歳を過ぎたころ(出産後位から)からニキビというか吹き出物はできなくなりましたが、ニキビの後がシミに変わっていました。ある日突然気付くんです!!

あれ?こんなところにシミあったっけ?って。幼いころから、スイミング、テニス、野球観戦など戸外で過ごし日焼け止めなどつけていなかったツケが今頃来たんだなと思いました。慌ててテレビCMでシミに効くというものを買いあさり毎日毎日塗りましたが、全く効きません。

●●製薬の「○○ナイン」なども試しましtが、1本使いきっても多少薄くなったかな・・・程度です。しかも、遺伝するのか、息子や娘までニキビ肌に。娘は自分で見つけてきたハトムギ化粧水で良くなってきました。息子は潰してしまい、クレーターになってしまいました。、

ニキビが落ち着いたころには、年齢のからたるみや、毛穴の開き、ほうれい線が目立つようになり、一気に老け顔になってしまいました。これも毎朝、毎晩、洗顔、化粧水、美容液、何に力を入れても一向に良くならず、健康器具なども使って少しでもたるみが目立たなくなるよう頑張っています。
何が一番いいの?何が一番効くの?年齢には勝てないの?いつまでも綺麗な女性でいたいのはみんな同じですよね。