効率的なダイエットについて考える

これから夏に向けて身体をきれいに見せるためにダイエットを行おうと考えている方もきっと多いでしょう。しかしながらダイエットをまだしたことがないと言う方やダイエットをしたことがあるが成功したことがないと言う方はダイエットについて少なからず不安があるのではないでしょうか?そのような方はダイエットを行うための根本を知らなかったり、なかなかうまくダイエットを行えていない可能性があります。

パエンナキュットは販売店で購入可能?店舗での市販状況や私の口コミ評価を紹介します!

せっかくダイエットを行っていても効率の悪いダイエットを行っているようであれば非常にもったいありません。そこで今回は、ダイエットを成功させるためにもダイエットのコツや効率の良いダイエットとはどのような方法なのかということについて考えていきたいと思います。

基本的にダイエットは食事制限を行うことによって体重を減らすことが主流として挙げられるでしょう。ですからまず自分の行っている食事を見直さなければなりません。摂取するカロリー数を減らしたり、炭水化物の摂取量を抑えたりすることがメジャーなダイエット方法です。

また食事を行う際に野菜から食べるなどと言うことを行うと身体に取り込まれる脂肪の値を減らすことができたり、血糖値の上昇を抑えることができます。また運動を行ってダイエットをしようと考えている際は気になるお腹周りばかりを行うのではなく、人間の身体の占めている筋肉の比重が多い太ももの筋肉を鍛えると脂肪の燃焼に期待できるのです。

食品交換表を用いたダイエットへ挑戦した時の話

当時、仕事が忙しく体重が110kgになったことをきっかけに、ダイエットをはじめました。

プレミアムスリムスキニーレギンスを完全レビュー!サイズ選びのコツや口コミ体験談など全暴露!

ダイエット方法は、「糖尿病食事療法のための食品交換表」を用いたものでした。

この本は、主に糖尿病患者が食事療法のために使用する、摂取カロリーを簡単に計算するためのものです。

身長および1日の運動量を目安に、1日の摂取カロリーを計算し、それに従って食事療法を行っていきます。

私は、身長178cmで当時の運動量から、23単位(1単位は80kcal)として食事を摂るようにしました。

23単位は、1800kcalですが、実際に食べてみると非常に少ない量に感じます。

ご飯は何グラムで80kcalのように、食材ごとにカロリーの目安が記載されています。

また、食品グループが6つに分かれており、栄養バランスを考えて、グループごとの摂取カロリーを決められています。

いちいち食材の重量をはかるので、最初はめんどくさかったですが、だんだんとまるで理科の実験ではないかと思うようになりました。

さらに、運動も行いました。

1日あたり、エアロバイクを30分、腕立て伏せを30回、腹筋運動を30回、スクワットを30回しっかりと行うことにしたのです。

そうすると、6ヶ月で25kgやせることに成功。

ダイエット開始前のジーンズは、ぶかぶかになってしまい履けなくなりました。

体重1kgあたりウエストが1cm減少する結果に満足です。