あの時に大切だと知っていれば…

26歳になった頃、『あれ?』と自分の肌に気になるシミ?そばかす?ブツブツ?みたいなものが現れてきました。http://www.baodownnashville.com/

こんなのあったかな?と思いながらも普段通りのスキンケアをして過ごしてたんだけど、年数を重ねるごとに濃いそばかすな様なものが増えてきたんです。

その頃になって、やっとそばかすについてスマホで検索すると、1番の原因に『日焼け』と書いてありました。

思い返すと、私は中学生から陸上部で毎日外で陽を浴びながら練習をしていたけど、日焼け止めなどのスキンケアをほとんどせず、真っ黒に日に焼けてきました。

部活を辞めてから、久しぶりに友達に会った時『そんなに白かったんだね。印象が全然違う』と言われるほど!

そういえば、中学生の時に母親から『日焼け止め塗ったり、化粧水つけたりしないと、年取ってから困るよ!』と言われていたのに、あの頃の自分は『大丈夫でしょ!』と全然スキンケアをしようと思わなかったんです。

大人なり、肌がすごく綺麗な友達と話した時に、なんでだが綺麗なのか聞くと、その子は小学校高学年から化粧水とかケアをしていたと言われ、愕然…。

なんであの時、母親の言うことをもっと聞かなかったのかと今になって後悔しています。

後日、肌の小さなブツブツが気になり皮膚科に行くと、軽いやけどの後みたいだと言われ、部活時代の日焼けが原因ではないかと言われました。

中学生時代、雑誌などを読んで自分で知識を得るタイプじゃなかったし、周りの友達も一緒に真っ黒に焼けてる人ばかりだったので、親に言われるだけではスキンケアの大切さに気づくとことができませんでした。

もっと自分の肌を大切にしよう!って知らず知らずに目に入る様な広告とかで教えて欲しかったな。