世界最強の敵『老化』との戦い ~連敗記録更新中~

10代の頃は、何もしなくても陶器のような肌だった。20代の頃は、プチプラコスメで十分だった。30代になると、シミ・しわに敏感になり始めた。

ヒメルファンデーション

そして、迎えた40代。高級ラインの化粧品を使い、目元や口元のしわには部分ケア、シミにもしっかり部分ケア。エステも月に1回通っていいる。

これだけの防御をしても、次から次へと増えてくるしみ。鏡の中にはいつもの見慣れたおばちゃんがいる。

でも、「あれ?こんなとこにしみあったっけ?」「ギャー!!でかいしみがある~!!」・・・キリがない。

できてしまったしみを薄くするのは、ものすごく時間がかかるのに、できるのは一瞬。一体どれだけのシミの素が隠れているんだろう。

・・いや、それは知りたくない。こんなに頑張っても勝てない・・。完敗です。

悩みはそれだけではありません。しわ。この方たちもとても厄介です。私は乾燥肌なので、夕方には、目元のファンデはよれてボロボロ。笑いじわが醜い。

ほうれい線がえぐい。このままでは、芸人のいっこく堂さんの相棒の操り人形になれるんじゃないかと思えるくらい、長く深くなっていく・・。やっぱり完敗。

何より悲しいのは、手入れしても効果が感じられなくなったこと。昔は、やったらやっただけきれいになってたのに、今は、お手入れしても翌日には元に戻ってる。

でも、どんなに打ちのめされても努力は続けなくてはいけない。

「諦めたらそこで終わりだよ。」そうです。手入れをやめたら、とんでもないことになってしまいます。

だから、無駄な抵抗だけど、今日も頑張って手入れしています。